40代は、お肌の曲がり角?

30代と同じスキンケアでは効果が感じられなかったり、肌トラブルになったりしていませんか?
40代は女性ホルモンの分泌の緩やかな低下が始まり、肌のハリやうるおいに必要なエストロゲンが減少します。このため、肌の水分量や油分量のバランスが崩れ、40代になって乾燥肌や敏感肌に悩む人が増えてきます。また、長年浴び続けてきた紫外線の影響も重なり、シミ・シワ・たるみなどが目立ち始めます。

クレンジング・洗顔を見直す

30代と比べ皮脂分泌量が減っている40代の肌は、これまでに使ってきたクレンジングや洗顔料だと必要な油分まで洗い落としている可能性があります。また、アイメイクやポイントメイクを落とす際、肌をゴシゴシこするとシミや色素沈着の原因になります。そのため、顔全体をクレンジングする前に、ポイントメイク専用のリムーバーを使い、きちんと落とすようにしましょう。クレンジングは手早く、洗顔は十分にすすぎます。すすぐ際は、40度以上のお湯は熱すぎるので、注意してくださいね。

保湿を重視したスキンケアへ

乾燥は、あらゆる肌トラブルの原因となります。そのため、セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を補うスキンケアを心がけましょう。化粧水をつける際、手でつけるかコットンを使用するか悩むところですが、どちらにせよ、化粧水をたっぷり使い、優しく包み込むようにつけましょう。

季節を問わず、紫外線対策を行う

老人性色素斑など多くのシミの原因は、紫外線を浴び続けてきたことで起こります。そればかりではなく、肌の水分が保持できず、コラーゲンが破壊されるため、深いシワができる原因になります。そのため、季節や天気に関係なく日々の紫外線対策を怠らないようにしましょう。

品川美容外科の2chについて調べる

肌にツヤがない要因を取り除く

肌にツヤがない時、考えられる要因は大きく分けて2つあります。紫外線や乾燥などによる外的要因と、新陳代謝の低下や血行不良による内的要因です。これらの要因を取り除くことで、肌の状態は格段に良くなり、ツヤが出てくるようになります。

まずは外的要因を避ける

紫外線が肌に与えるダメージは計り知れません。しみ、しわ、たるみなどの老化現象のほとんどは紫外線が原因と言っても過言ではありません。メラニンの生成を抑えるために帽子、日傘、UVクリームなどでしっかりと紫外線対策をしましょう。

また間違った洗顔も肌にとって強い刺激となります。洗いすぎや擦りすぎで肌の角質層を傷つけてしまっている可能性があります。優しく負担をかけない洗顔を心がけ保湿を忘れないことで角質層が守られ、正常な肌のターンオーバーへとつながります。ターンオーバーが正常であれば、メラニンの排出がスムーズになります。

内的要因を知り不節制な生活を改める

乱れた食生活や運動不足は、身体の新陳代謝が低下するだけでなく血行も悪くなり、肌がくすんできます。まずはバランスのとれた食事を心がけましょう。特に女性は加齢とともに肌の皮脂量が減っていきます。タンパク質、ミネラル、ビタミン類をバランス良く取ることも大切ですが、ナッツ類や青魚などに含まれるオメガ3脂肪酸を積極的に摂取することで、良質な油を補いましょう。また同時に適度な運動をする事で血行不良が改善されます。血行が改善すれば摂取した栄養が身体の隅々まで行き渡り、より健康に、そしてよりツヤのある肌を手に入れることができるでしょう。

品川美容外科の死亡について詳しく