135月

体の中からキレイに!美容効果が期待できる2つの成分

抗酸化作用のあるビタミンC

ビタミンCには抗酸化作用があり、紫外線などのダメージを防ぐと言われています。また、コラーゲンを合成する役割もあるようです。コラーゲンは健康な肌を作るためには欠かすことのできない物質とされています。ビタミンCを積極的に摂取することでコラーゲンの合成がしやすくなり、ツヤのある肌になれるのだとか。ビタミンCは、柑橘類の果物に多く含まれています。モロヘイヤやピーマンなどの野菜にも多いです。ビタミンCは他のビタミンよりも、壊れやすい成分であることから、加熱せずにそのまま食べると良いでしょう。毎日食べることが難しい時は、サプリメントで補う方法もおすすめです。

皮膚炎にも良い?ビオチンの効果

ビオチンという成分も肌に深い関係があります。ビオチンが欠乏すると腸内環境が乱れ、皮膚の状態も悪化するようです。近年の研究では「ビオチン不足の人は皮膚炎になりやすい」とも言われています。アルコールの摂取により、ビオチンが不足しやすくなる傾向です。アルコールを頻繁に飲む人は、ビオチンを積極的に摂ると良いかもしれません。ビオチンはカシューナッツやピーナッツ、ブロッコリーなどに多く含まれています。また、卵や納豆にも入っているようです。朝食を納豆ご飯や目玉焼きに置き換えたり、間食にナッツ類を食べるようにすれば手軽に摂取できますよね。ビタミンB群と一緒に摂ると、ビオチンの効果が更にアップするとも言われています。美容効果のある食物を摂り入れて、体の中から綺麗な肌を目指しましょう。

品川美容外科の訴訟まとめサイト